dreamfact0ryのブログ

映画を勉強中。物置として使う。由来はプリンスの没アルバムから。

俺は見ている!『8月』

 宇宙人ポール

 M

 男はつらいよ

 狩人の夜

 カリガリ博士

 疑惑の影

 現金に体を張れ

 死の接吻

 上海から来た女

 ジョジョの奇妙な冒険 第1章

 深夜の告白

 スパイダーマン ホームカミング

 東京喰種

 8 1/2

 バットマン リターンズ(再)

 ハプニング

 メイド・イン・USA

考察『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第1章』

 『ジョジョの奇妙な冒険』はマニエリスム的外連味のある絵柄が人気なのに、本作は淡々としている。 全体的に謎のリアリズムに支配されているのだ。
ジョジョの奇妙な冒険』ならば常に叫び、音楽をかき鳴らし、能力を披露しなければならないはずだ。それは一切ない。アニメ版はそこを理解していて、1部と2部は明らかに作画が荒かったのに成功していた。
ほとんどのキャストは『ジョジョの奇妙な冒険』に求められる迫真の台詞回しを理解していない。
 セットやロケーションは猥雑だ。恐らくカメラを置く時間も、セッティングする時間=予算もなかったのだろう。構図は即興、いたるところにヴィーナス像、鮮やかなポスター、ドリッピング・ペイント&落書きが散りばめられている。しかも、背景ではあからさまな現地(スペイン)人がランニングしていたり、民族衣装を着て踊ったりしていて演出への考慮を感じさせない。 そもそも原作の杜王町はアメリカナイズされた町で、こんな南欧風の町ではない。

 目的が明示されず、淡々と日常が描かれるのは致命的欠陥だ。スタンドとはなにか? スタンドのパワーは? とにかくわかりづらい。それは改変のせいだ。 承太郎の登場が遅いし、鼻が治らない。それにアンジェロはただの小悪党になっている。『少年を強姦し殺し、性器を切り取って釘にうちつける』という文章に起こしているだけでも吐き気のするような描写を映画で描写しないのは見劣りする。それに仗助の祖父へ怒りを向ける理由があまりにこじつけだ。
また、DIOが抹消されていので「億安の父はなんで?」「弓と矢とは?」「ジョースターの因縁とは?」がない。
「運命なんて、テメェでどうにでもなる!」と仗助が言う。しかし、それは荒木飛呂彦の運命観に反しているのではないか。第5部から第6部において繰り返し明示される話だが、全く脚本家には理解されていないようだ。
 吉良吉影関連は捻りも何もない。アニメ版と変わりばえがない。

 第2章はどうなるか。このままではティペレ川の底に眠ることになる。

考察『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』

スターウォーズ』シリーズと『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズはそっくりだ。類似点に関してはほうぼうで触れられているから、あえては言わない。
本作もまた『スターウォーズ フォースの覚醒』と『ローグ・ワン』に似ている。話の脈絡はほとんどなく無理矢理な再出発を漕ぎだし、主人公と因縁や血縁のある新規登場人物が足されていく。両方見ていると既視感を覚えるだろう。
3Dカメラで撮っているからだろうが人物に奥行きがある。だが、クロースアップで顔面を写しているだけだ。そのせいで過去作にあった空間の演出がない。会話の間もなくなっているし、剣劇もない。
そのせいか物足りなさを感じた。

脚本『折れない翼』

登場人物

三浦光作 ロック・スター。

 

宮本     三浦の元パートナー

社長          レコード会社社長
阿部   梶野のマネージャー。

 

1 ブラック・アウト

三浦(M)「その夜、僕の背中に突然羽が生えた。それから、おれはロック・スターになった」

2 会場・ステージ 
 
メインタイトル【折れない羽】
  
三浦は羽をはばたかせながら登場。観客は熱狂している。そして、スピーディーでエレクトロニックなロックミュージックにのって
パフォーマンスする。

3 同・廊下
 三浦はファンクラブのメンバーを横目に歩く。
その中に宮本を見つける。彼女の顔にはどこか失意の念があった。
それに気づく、三浦。いままで豪快に羽ばたいていた羽は委縮する。
 そのまま楽屋に入る。
 座って考え込む。


4 三浦の邸宅・寝室(夜)
 広い寝室に、三浦だけ。ベッドに座って、昔のアルバムを見ていた。羽の生えていない頃の自分と宮本が一緒に写っている。
 宮本は自分の羽を撫でる。
 立ち上がり、自分の栄光を飾ったショーケースに近づく。
 三浦は羽の生えた自分と社長が写る写真があった。三浦の表情には怒りふが見えた。
三浦「くそったれ!」
 ショーケースを蹴り破る。

 

5 同・リビング

三浦 「バンドは解散する」
阿部「どうして?」
三浦「新たなシーンに行くんだ」
阿部「そうか、それなら…」
三浦「あと、羽はもう取っちまう」
阿部「なんだって!」
三浦「本気だ」
阿部、困り顔。
阿部「おい、人気なのはお前じゃないぞ。その羽だ!」
三浦「知ってる」
阿部「じゃあ、どうして?」
三浦「前みたいに、自由にやりたい」
阿部「売り上げが落ちちまう」
三浦「知らねぇよ」
阿部「契約書に書いてあんだろ! いくらいくらまで儲けろって!」
三浦「儲けるよ」
エージェント、頭を抱える。
阿部「お終いだ…」
エージェント、とっさに携帯を取り出す。
阿部「社長を頼む、緊急だ。社長! 大変です…」
三浦、電話を取る。
三浦「俺だ、羽を取る」
社長「せっかく付けてやったのに。それに契約があるだろう」
三浦「羽の状態を維持しろなんてことは書いてない」
社長「羽を取ってしまってもこちらは一向に構わない。衣装につければいいんだ」
三浦「嫌だね」
社長が受話器を握りしめ、軋む音が聞こえる。
社長「なら、覚悟を決めるんだな」
三浦「こっちは、とっくに腹を括ってる」
電話が切られる。
エージェント、唖然とする。

 

6 会場・ステージ
自分のヒット・ナンバーである『ビーフ』を歌う。
三浦「みんな、最高だ! 今日のツアーは忘れない。なぜなら、今日。今日こそが俺とバンドの最終日だからだ」
会場、阿鼻叫喚。

 

7 宮本の家
宮本、テレビでその様子を見て、涙を流す。

8 会場
三浦「みんな! いままでありがとう…!」
突然、三浦の頭の上から照明機材が落ちてくる。
騒然とする会場。
轟音とともに、三浦は押しつぶされる。割れた破片が観客を傷つける。
観客の悲鳴。
落ちた機材の下から、血が溢れる。

9 社長室
社長は笑みを浮かべて、テレビを見ている。

 

10宮本の家
宮本は凍りついている。

 

11会場・ステージ
スタッフが駆けつける。
三浦は無傷だった。挟まれたのは彼の羽だけだった。
驚く、スタッフ。
三浦「見てないで、助けろ」
 近づくテレビカメラが三浦を映す。

 

12 宮本の家
 テレビから生きていた三浦が中継されている。

 

13 テレビ画面
三浦「おい、糞社長! おれを殺そうたってそうはいかねぇぞ!」
 三浦、中指を立てる。

 

14 宮本の家
宮本は笑みを浮かべる。

 

15 社長室
社長がその様子をみて、震える。少しためらってから、座っていた椅子を後ろの窓ガラスにぶつける。解放された窓から飛び降りる。

 

16 テレビ画面
三浦「宮本! 愛してる!」

 

17 宮本の家
宮本「知ってるよ」
                                              〈終わり〉

俺は見た! 『7月』

愛してる、愛してない

アメリ(再 音声解説付き)

大人は判ってくれない

飾り窓の女

グレムリン(再)

サンセット大通り

燃えよドラゴン(再)

トイ・ストーリー(再)

トータルリコール(再 音声解説付き)

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の

ヒューゴと不思議な発明

ブレード・ランナー(再 最終版)

ブレード・ランナー(劇場公開版)

ファントム・オブ・パラダイス

マルタの鷹

 

ベスト

大人は判ってくれない

サンセット大通り

飾り窓の女

 

ワースト

マルタの鷹 

ブレード・ランナー(劇場公開版)

 

 好きなジャンル、作風の作品ばかり見てる。これではいけないから、8月は反省したラインナップになると思う。なってなかったら、ただの人だ。

 再び見た映画群は話すと長くなるくらいファンなので語らないが、今の視点で見ると気づくことが多い。また音声解説は教科書のように、監督自身が作品について教えてくれるので助けになる。

 ベスト三本は王道といえば王道。僕はメタ・ホラー・ノワールを至高のブラック・コメディに昇華させた『サンセット大通り』がお気に入りだ(今度詳しく)。後の2つは巧い、とにかく巧い。フィルム・ノワールヌーヴェル・ヴァーグは魅力と技法が詰まっているため、これからも見ていくだろう。

  ワーストにあげた2つは『ヴァージョン違い』という点で繋がっている。『マルタの鷹』は原作を読んだ僕には味気なく思え、『ブレード・ランナー』は監督の意向が台無しにされていたところが目も当てられなかった。

  来月は興味深い新作が多いので、だいぶラインナップすると思う。

俺は見た! 『6月』

「家出の旅を終えて/生まれ故郷のイバラの茂みへ」ーーうさぎどん

 

イレイサーヘッド

キング・オブ・コメディ

サスペリア(再見)

獅子座

デヴィッド・ボウイ 世界を変えた男

天才少年 スピヴェット

フラー・ハウス

緑の光線

リック・アンド・モーティー

ローガン

ロングエンゲージメント

わたしは目撃者

 

・ベスト

 『 獅子座』と『わたしは目撃者』以外

 

・番外ベスト

 獅子座

 わたしは目撃者

 

・ワースト

 なし

 

 今月見た映画はほとんど趣味だった。つまらなかったりとか、ムカつくようなものはない。だから、ワーストフィルムは更新されず少し残念。

 僕は基本的に好みが偏ってるのがわかるだろう。『キング・オブ・コメディ』は関根勤が劇場で吐いたという曰く付きの作品だが泣けてきたし、『ロング・エンゲージメント』は高確率で笑えた。『緑の光線』も隣に座っている爺と同タイミングにツボった。

 今月でジャン・ピエール・ジュネの作品をほぼ網羅した。彼はバートンなんかより断然好みだ。

 バートンは社会復帰的テーマだが、ジュネは元のところに落ち着く。リプリーだって地球に帰るし、スピヴェットも家に帰る。仲間や家族のいるところこそが、自分の居場所だということだろうか。

 あと、『天才少年 スピヴェット』は、「ホームドラマではない説」を書きたいが、それはまた今度にする。

  毎回見る映画がこれくらいクオリティの高くて、趣味に合っているのなら良いが、そうはいかないから困る。まあ、勉強なんてそんなもんだ。

俺は見た! 『シュワルツェネッガー』

イレイザー

エクペンダブルズ

エクペンダブルズ2

エンド・オブ・ザ・デイ

キンダーガードン・コップ

コナン・ザ・グレート

コマンドー

コラテラル・ダメージ

シックス・デイ

ジュニア

ジングル・オール・ザ・ウェイ

ターミネーター

ターミネーター2

トゥルー・ライズ

トータル・リコール

バットマン&ロビン Mr.フリーズの〜

バトルランナー

プレデター

ラスト・アクションヒーロー

レッド・ブル

80デイズ

 

・初シュワルツェネッガー

 コマンドーターミネーター

 

・ベスト

 エンド・オブ・デイズとエクペンダブルズ2とコメディ作品以外

 

・ワースト

 酷い映画はあれど、愛すべきシュワちゃんが出ていればワーストなぞ存在しない!

 

 シュワルツェネッガー、はっきり言って父親みたいなものだ。素晴らしい俳優である。何人殺そうが説得力がある。

 どれも何度見ても面白い! 

 あまり一般市民が見てそうな中で、オススメするシュワちゃん映画は、『トゥルー・ライズ』、『ラストアクションヒーロー』、『レッドブル』あたりだろうか。違うテイストのシュワちゃんアクションを味わえて堪能できると思う。

 10年前は二ヶ月に一回はシュワちゃん映画が地上波で放送していたのに悲しいかぎりだ。

 シュワちゃんの筋肉裸体、人間が撃たれたり切られたり、生皮剥いだり、サラ・コナーとカイル・リースが子作りしたり、オッパイ3つ星人、奥さんのポールダンスを見ないで成長する現代日本に憂国せざるをえない。